プロフィール

onctkiken

Author:onctkiken
ホームページはこちら↓
小山高専 機械工作研究部

今年度は「三割向上」を目指す!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日(--) スポンサー広告   コメント:-  トラックバック:-

第31回全国大会 2日目レポート

そして、2日目がやってきました。
睡眠時間はほんの数時間だけでした。
20111219_1.jpg

出走前マシン調整、簡易車検を無事に終えました。
20111219_2.jpg

そして、期待と不安を抱えながらの決勝走行がスタートしました。
20111219_3.jpg

1、2、3、4周とレースは進んでゆきました。 ドライバーとの無線でも、2台とも特にトラブルが発生したという報告はありませんでした。
20111219_4.jpg 20111219_5.jpg

そして7周を無事完走し、2台はゴールしました。
決勝レースは、昨日の練習走行がウソだったかのように順調に進みました。
20111219_6.jpg 20111219_7.jpg

燃費記録は、E-PACK11が486.660km/L、WM-11が526.307km/Lでした。

E-PACK11は、インジェクションシステムを搭載したにもかかわらず、昨年からの伸びは小さいものでした。
来年以降に課題を残す結果となってしまいました。
20111219_8.jpg

WM-11は今年の大幅改良が効果を表したのか、E-PACKを超える結果でした。
練習走行のパンクの影響でスペアタイヤをはいての出走だったので、状態の良いタイヤを履けばまだ記録は伸びそうです。
20111219_9.jpg

このところ、数回の大会で2台とも安定して480km/L台の燃費を出すことが出来るようになってきました。
しかし、このまま記録が停滞してしまうのは避けなければなりません。次のステップとして燃費を今より向上させていくことが必要です。

来年は今年よりも燃費向上を目指します!!
20111219_10.jpg
最後になりましたが、マシン製作に協力してくださったスポンサーの皆さま、大会を見守ってくださったOBの皆さま、顧問の先生方、今年も本当にありがとうございました。
なかなか、ブログを更新できず結局、年末となってしまい申し訳ありません。
来年からは新体制にもなってゆきますがよろしくお願いいたします。


written by 来年部長としてやっていけるか不安な 福田@3年生・副部長

第31回全国大会 1日目レポート

エコラン全国大会のレポートを掲載致します。遅くなってしまい大変申し訳ございません。

今年度のHonda エコ マイレッジ チャレンジ 全国大会は、10月の8、9日に行われました。

今大会では
・No.332 E-PACK11(赤)
・No.333 WM-11(橙)
の2台が出走。

2日間開催の初日である土曜日は、車検と練習走行が主なイベントです。

3時に起床し、午前3時30分に学校を出ます。
会場への搬入時間が5時と定められていたため、かなり早い時間の出発となりました。

20111201_1.jpg

会場へ到着したのち、ピットの準備を行います。
ガレージが割り当てられているもてぎ大会と異なり、全国大会では第1パドック(駐車場)がピットの指定場所となっているため、テントを張って使用します。
20111201_2.jpg

車検へ向けて車両各部を調整。
チェックリストを用いて、各項目の確認を行います。
今回は2台が出走するため、もてぎ大会のような人員の余裕はありません。各自が割り当てられた仕事をしっかりとこなして、迅速に準備を進める必要があります。
20111201_3.jpg 20111201_4.jpg

WM-11は今年初めてながら、車検を難なく合格。少し遅れてE-PACK11も無事にパスしました。EFIシステムを搭載しているため、少々チェックに時間がかかったようです。

お昼休みを挟んで、練習走行に向けて最終調整を行います。
その間ドライバーと指示出しは、コース下見を行い戦略を熟考。
20111201_5.jpg

そして午後の公式練習を迎えます。
練習走行は決勝と同様、7周で行われます。もちろん行うのは決勝を想定した走行練習です。
両マシンとも無事にスタートを切りました。
20111201_6.jpg 20111201_7.jpg

そのまま順調に周回を重ねて行く、と思いきや…!!
3周を過ぎたところで、WMがストップ。ドライバーからの連絡によると、なんと前タイヤがバーストした模様。
もちろん再スタートできる訳もなく、リタイアとなってしまいました。

一方、E-PACKはトラブルなく走行を続け、7周を走り切りました。
しかし記録は460km/L台と、期待していたレベルの結果とはなりませんでした。

20111201_8.jpg
E-PACKのゴール後、WMがレッカー車に運ばれ帰ってきました。
車両を確認したところ、左前輪がバーストしていました。さらに右前輪はバーストこそしていないものの、タイヤ表面が酷く削れ、使い物にならない状態となっていました。

そのためWMは、タイヤの交換と原因究明を行うためにマシンごと、また、無事に走りきったE-PACKも、ステアリングのガタを軽減する必要があると判断し、前輪のみ高専に持ち帰ることとなりました。

その日は夜中まで修復作業が行われました。作業が終了したのは午前1時。
WMのトラブルについては、モノコックの前輪支持部の強度不足が原因と判断し、対策として周辺部の補強が行われました。
20111201_9.jpg 20111201_10.jpg

果たして結果に結びつけることができるでしょうか?
2日目に続きます。

written by 保沢@5年生・HP管理人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。